ニュージーランド
ニュージーランド(1)

ニュージーランド(New Zealand)
27.534万平方キロメートル 476万人(2017年3月統計局)
首都 ウェリントン
言語 英語,マオリ語,手話

ニュージーランドの旅(1)
大自然を満喫させてくれる国

 ニュージーランドといえばスイスと並んで大自然を満喫させてくれるイメージを持つ国だ。羊の多い国、火山のある太平洋の島国、南半球の星座をみる、のどかななど日本にない壮大な風景を楽しませてくれる国である。
 特に、この国の大自然は石や川、水、植物などが我々旅行者を生き生きにさせてくれる。出発前は、単なる自然が多い場所で、エネルギーをアップさせてくれるものがあるくらいしか思ってみなかったが、さにあらず我々みたいに訪れる人々を生き返らせてくれる土地でもある。今回は南島と北島を周遊してきたので皆さんに多くの情報を提供できると思う。
01.jpg
牧草地の羊たち
02.jpg
最高峰の山マウントクック

(第1日目)(第2日目)

 ニュージーランド航空0090便で成田空港を18時30分過ぎに飛び立ってオークランド国際空港に向かった。予定より少し遅れて10時頃到着し、入国手続きを終えてスーツケースを引き取って、次の目的地クライストチャーチ国内線に向かった。
 その時驚いたのは預ける荷物はすべて機械化された場所を使って自分自身でチックインしなければならず既定の時間内にコンピューター操作ができない人は預けられずに国内線まで自分で運ばなければならず大変であった。幸いなことに私はかろうじてチックインができたので助かった。
オークランドの空港で海苔巻きといなり寿司のランチボックスをもらって食べたのちオークランドを12時過ぎ出発してクラストチャーチに向かった。
03.jpg
オークランド空港国内線口
04.jpg
オールブラックスのデザインした飛行機

 到着後、バスに乗車してこの日の最終地テカポを目指して約4時間半バスに乗った。
 途中2回の休憩を入れてテカポの畔に建つリゾートホテルに夕方の5時過ぎに到着した。少し休憩してからホテルのレストランで夕食をとってから、ホテルを出発して星空ツアーに出かけた。
 レイク・テカポの中心部からバスで15分のマウント・ジョン山頂にある天文台に行った。暗闇の中、旅友と豆電球をもってガイドさんと天文台に向かった。天文台には、ニュージーランド最大の口径1.8mの天体望遠鏡MOAが見られた。実際の天体観測をしている様子を見学で来た。
 その後建物の外に出て裸眼で星を見たが空に雲が出てあまり星を見ることができなかった。
05.jpg
風光明媚なデカポ湖
06.jpg
天文台より星空を見る
07.jpg
日本製の天体望遠鏡MOA

 いくらかの星座は見られたが、期待した天の川などははっきり見ることができなかった。残念!南半球でしか見られない星や星座は今回は見られなくてツアーから一番きれいな星空のCDをいただいた。
 この日は、長時間のフライトとバス移動や星座見学でかなり疲れたので部屋に入って直ぐにベッドに入って寝た。
08.jpg
大空の星座

(第3日目)

 朝7時起床して、旅友と朝食をいただいて、湖畔の畔にあるショピングセンターを覗いた。
 9時40分ホテルを出発して、昨日ちょっと見学したニュージーランドの有名な『善き羊飼いの教会』に立ち寄った。
09.jpg
マーケットで売っているソーセイジ
10.jpg
教会から見るテカポ湖風景
11.jpg
善き羊飼いの教会全景
 この教会は、石造りの教会で地元住民による土地と資金の寄付により、1935年に建てられた。
 教会の最大の特徴は、祭壇の向こうに大きな窓があり、ガラス越しに見えるテカポ湖とサザンアルプスが織りなす風景は格別であるが、残念ながら写真撮影は不可であったが、教会の隅からこっそり撮影した。
12.jpg
教会をバックに
13.jpg
教会の窓から見る
テカポ湖とサザンアルプス
14.jpg
入り口から見る
教会内部
 教会の敷地内は、ニュージーランド屈指の写真撮影スポットで美しい景色が広がる湖と教会は正にぴったりの構図で絵葉書になる。
 それと教会から見る橋は素敵であった。
15.jpg
歴史を思わせる教会
16.jpg
美しいテカポ橋
17.jpg
テカポ川にかかる橋

 次に教会のすぐそばに立つ『バウンダリー犬の像』を観た。このけなげな牧羊犬は、開拓者時代の放牧地で柵のない境界線(バウンダリー・Boundary)を守って活躍した牧羊犬の功績を称えて、1968年に作られたものである。
18.jpg
テカポ湖を見つめる
バウンダリー犬の像
19.jpg
バウンダリー犬の像を
バックに

 再度バスに乗って約1時間30分でマウントクック地区に着いた。途中プカキルアウトに下車してサザンアルプスの山々の素晴らしい景色を暫し眺めた。
20.jpg
湖から見るサザンアルプスの山々
21.jpg
雄大なサザンアルプスの山々

 昼食は、国立公園の宿泊するホテルレストランで摂った。
 午後2時過ぎ旅友と壮大な風景を大空から一望できる遊覧飛行のツアーに参加した。
 ニュージーランド最高峰の山アオラキ・マウントクックや氷河の上空からの姿は迫力満点。アオラキ・マウントクックの大自然を体いっぱい体験できた。
22.jpg
現地で摂れた食材で作った料理
24.jpg
飛行経路
23.jpg
遊覧ヘリコプター
25.jpg
ヘリコプター内で案内を聴く
26.jpg
アオラキ・マウントクックの
大自然を見る

 夕食は、前菜はサーモンマリネキュウリのブルスケッタ、メインはラムのロースト、デザートはチョコレートとチェリーのタルトをいただいた。
 素晴らしい一日であった。
27.jpg
ラムの熟成ロースト
28.jpg
甘みを抑えたタルト

[ ↑ページトップへ ]


ニュージーランドの旅(1)
カリブ海の島と船の旅(2)
カリブ海の島と船の旅(1)
ケニアの旅(3)
ケニアの旅(2)
ケニアの旅(1)
スイスの旅(4)
スイスの旅(3)
スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network