Adobe Flash Player を取得
ミャンマーのの旅(1)

ミャンマー連邦共和国(Republic of the Union of Myanmar)
面積 68万平方キロメートル(日本の約1.8倍)人口 6,367万人(2012/13年,IMF推計)
首都 ネーピードー
言語 ミャンマー語
外務省HP平成26年5月1日現在基礎データより

photo01.jpg 5月3日より6日までの3泊4日で、パヤー(仏塔、寺院)の国ミャンマーへ研修旅行を兼ねて訪問した。5年前に一度訪れているだけに、今回は前回と違い少しは余裕をもって旅することができた。(写真1 無数の仏塔や寺院が点在するバカン)

2度目の訪問で先ず感じたのは、5年前と違い想像以上に成長した国になっていたことだ。その代表的なのが、車の渋滞である。(写真2 車の渋滞する中心街) photo02.jpg ヤンゴン市内はまるで、東京を思わせるくらい車、車であった。住む人たちもかなり観光客慣れした感があったように思えた。

今回の旅は主に世界的にも貴重な仏教遺跡が立ち並ぶバカンを訪れることであった。それと大都市ヤンゴンのその後をもう1度見ることで、どう人間観の移り変わりを感じるか興味がある。

photo03.jpg

精霊を祀る天空の寺院

(第1日目)

5月3日、午前11時全日空913便で成田空港をたって一路ヤンゴンへ向かった。(写真3 ヤンゴン国際空港)今回は経由地がなくダイレクトに行けるので6時間半位で到着した。タイから先に到着していた早川氏と合流して、ホテルに向かった。 photo04.jpg ホテルでは翌日からの日程を打ち合わせてから旅行社の社長とミャンマーの鍋料理を堪能した。 (写真4 早川旅行社長と夕食)

夕食はヤンゴン名物ごつた煮の鍋(肉、海鮮、野菜、豆腐、麺入りなど)で、好きな食材をケースから選び、それを入れて食べる料理で今ミャンマーでは人気のようだ。(写真5 鍋に入れる食材ケース)(写真6 ヤンゴン名物ごった煮鍋)

photo05.jpg photo06.jpg

photo07.jpg

(第2日目)

まだ日が昇らない朝早く、ヤンゴンの空港に向かった。午前6:10発エアーカンボウザ282便で、バカンに向かった。 (写真7 早川氏とバカン空港前にて)専用車で現地ガイドと共に1時間半位かけてポッパ山にある"天空の寺院ポッパ"に車を走らせた。 途中牛が引いて作るピーナツ油や椰子酒や椰子菓子作りの見学をした。(写真8 牛が引くピーナッツ油づくり)(写真9 椰子の実を取る職人)

photo08.jpg photo09.jpg


親子でやっているところで、娘さん2人も家族を助けて一所懸命働いているのに感動した。 村を出て40分位した地点に目的地であるポッポ山があった。 最初は分からなかったが、ふと遠方を見ると山の上に忽然とそびえる「天空の寺院ポッパ」が見えてきた。(写真10 そびえ立つポッパ山の寺院) 山の真下の小さな門前町に入っていくと露店を含めた店数十軒が軒を並べていた。(写真11 岩塔の真下にある門前町)

photo10.jpg photo11.jpg


精霊を祀る天空の寺院ポッパは、パガン王朝時代よりナッ(精霊)信仰の聖地とされてきた。この山は標高約1500メートルあり、寺院を頂上に置く岩峰は「タウンカラッ」と呼ばれる。 (写真12 タウンカラッへの参道入口)(写真13 精霊ナッ神を祀る)

photo12.jpg photo13.jpg


photo14.jpg 遠くから眺めるとなぜこんなところに寺院が建っているのか、チャイティーヨーと並ぶミャンマーの七不思議の一つに数えられているようだ。 山を登るには、ゲートをくぐり、参道口から階段を一歩一歩上がらなければならず、大変である。途中みやげ物屋がずらり並んでいる。(写真14 階段上に並ぶおみやげ物屋) そこを過ぎたら急こう配の階段の連続で、頂上まで30分くらいかかった。階段の両側に餌を狙って野猿が多くおり、観光者にとってはちょっと怖いものがある。(写真15 野生の猿たち) やっとの思いで頂上にたどり着くと、岩にへばりつくように寺院が建っていた。日本と違いミャンマーの寺院や仏塔はどれも金ピカで、いまいち信仰心を削ぐ感がある。(写真16 金ピカの仏塔前にて)(写真17 黄金の寺院前にて)

photo15.jpg photo16.jpg photo17.jpg


昼食を山の下のレストランで摂り、休憩の後、ミンナントゥ村の小さな集落に立ち寄った。ここには古い遺跡の一つであるダヨッピィ寺院がある。 (写真18 ダヨッピィ寺院前にて)(写真19 黄金の坐仏像)(写真20 黄金の大仏像)

photo18.jpg photo19.jpg photo20.jpg


photo21.jpg 中には四方に顔がそれぞれ違った大きな仏像が安置されていた。壁面に描かれている仏様がまた素晴らしかった。 寺院の外では何軒かのおみやげ屋さんがあり、親子、親戚で家計を助けるために働いていたのが印象深かった。(写真21 物売りの娘たち)

この日は一日中、43℃位の猛暑の中ポッパ山を登ったり、遺跡を見に回ったため、かなり疲れ果てた。ただ明るいうちにホテルに帰ったため、夕食前に1時間位ねることが出来たのは疲労を取るのには良かった。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network