スイス
スイス(4)

スイス連邦(Switzerland)
4.1万平方キロメートル 842万人(2016年時点)
首都 ベルン
言語 ドイツ語、フランス語 等

スイスの旅(4)
世界自然遺産を堪能

(第6日目)の続き

 ゴンドラでメンリッヒェンまで行き、メンリッヒェンからクライネシャイデックまでの5q弱を約1時間30分ほどかけてトレッキングして楽しんだ。
01.jpg
ゴンドラの駅
02.jpg
山岳地帯で牧草を食べる牛
03.jpg
ユングフラウ地方の三峰
04.jpg
アイが―北壁をバックに

 この日は最高の天気で快適に歩くことができた。ユングフラウ三山を正面に見上げながら、この世のものとは思えないほど雄大な景色の中を歩くコースは、世界でも屈指のトレイル(自然道)である。
05.jpg
歩きやすいフラットな自然道
06.jpg
クライネシャイデックミラに向かう

 道も思ったよりしっかり整備され平坦で歩きやすく、周りの景色を見るのには最高である。
 360度どこを見ても絶景なのだが、特にグリンデルワルト方面にかけての広大な斜面は一面の緑と色とりどりの高山植物でいっぱいだった。残念ながら私はあまり植物には詳しくないが、案内のガイドさんに教えてもらいながら進んだ。
 あちこちで放牧されている牛がカウベルを鳴らしながら美味しそうに牧草を食べていた。
07.jpg
アイガーを映し出す湖
10.jpg
高山植物
11.jpg
美味そうに食べるスイス牛

 1時間半くらいでアイガー登山の拠点となるアイガーの麓の小さな村クライネシャイデックに到着した。
 ヨーロッパで最も標高が高い鉄道駅であるユングフラウヨッホへ向かうユングフラウ鉄道が乗り入れている登山鉄道の乗換駅である。
12.jpg
名峰三山をマックにした
クライネシャイデック村
13.jpg
クライネシャイデック駅舎
14.jpg
可愛い登山電車

 この駅舎は大自然の中にあり、空気が実に美味しく体一杯に吸った。駅舎内のレストランでカボチャのスープと牛肉ステーキ、それとプリンをいただいた。
15.jpg
温かいカボチャスープ
16.jpg
でかい牛肉ステーキ
17.jpg
定番のプリン

 午後12時30分クライネシャイデックを出発して登山電車で約35分かけてヨーロッパ最高地点の鉄道駅ユングフラウヨッホに到着し、暗くて長いトンネルを歩き、スフィンクス展望台に行くエレベーター乗場に行った。ところがなんとこのエレベーターに乗車する列が何重にも行列ができていたのにはびっくりした。都会だけでなくこんな山にもラッシュがあるとは想像だにしなかった。エレベーターは108mの高さを一気に登り、わずか25秒でスフィンクス展望台に着いた。 18.jpg
混雑するスフィンクス展望台
19.jpg
アレッチ氷河
20.jpg
展望台よりアイガーを見る

 展望台は標高3573mにあり、東にメンヒ(4107m)、西にユングフラウ(4158m)、そして南にヨーロッパ最長のアレッチ氷河のパノラマが見えた。
21.jpg
ユングフラウをバックに
22.jpg
アレッチ氷河

 ここから見える一帯は「ユングフラウ〜アレッチ氷河〜ビエッチホルン地域」として、スイス初のユネスコ世界自然遺産に登録されている。快晴だったので唸るほどの絶景が見えた。
 展望台はちょっと寒かったが、あまりにも素晴らしい絶景には旅友と声を上げた。
23.jpg
素晴らしい絶景を前に
24.jpg
国旗の前に立つ
 何よりも展望台は全面ガラス張りになっていて、冬でも雪でも寒くても快適に中をぐるっと1周できる。また避雷ワイヤーで守られた外のテラスに出ることもできる。外の温度は−10℃であったが、プラトー展望台だけは行きたかったので、スフィンクス展望台とは反対側にあるプラトー展望台に出た。ここは雪原で一面白い雪であった。ともかく超寒く顔面を雪がささってくる。ただ驚いたのはこの展望台はそんなに広くはなかったが、来訪者でいっぱいだった。

 この展望台から見るユングフラウ(4158m)の頂きは、素晴らしく寒さを忘れてしばし見とれていた。帰りはプラトー展望台までの間をアイスパレスがある氷のトンネルを抜けて氷の宮殿に出た。
 このトンネルは、ユングフラウ氷河を掘って作られ、床も壁も天井もみんな氷で出来ている。そのため床が氷のアイスバーンで滑って転倒するのが怖くスローに歩いた。ただこのトンネル内は、氷の彫刻があちこちに飾られ素晴らしかった。
 ユングフラウヨッホ観光は約2時間をかけてゆっくり観光できたのが良かった〜♪
25.jpg
お相撲さんに似た銅像
26.jpg
氷で固められたトンネル道
27.jpg
ペンギンをあしらった氷の像

 3時過ぎ、ユングフラウヨッホを発ってクライネシャイデック経由でグリンデルワルドに到着してホテルに入った。夕食は中華料理を熱燗の紹興酒と共にいただいた。これでスイスの全日程が終了した。 28.jpg
雄大なスイスの山をバックに

(第7日目)

 朝早く起床して帰り支度をしてバスに乗り込んだ。約2時間半かけてチューリッヒ空港に到着した。そして13:00便の一路成田空港に向かった。

 今回の研修旅行で感じたことは、スイスは観光立国で、夏や冬の観光シーズンには外国からの出稼ぎが必要なくらい忙しい。それとスイスは1815年以降「永世中立国」である。ここまでは日本と似ているが、日本と違い国家を維持するため巨大な軍事力を持つ国である。ここが9条によって軍事力を否定するする我が国との大きな違いである。スイスは、「国民皆兵」のため男子に徴兵制が義務づけられている。因みにバチカン市国の軍隊はスイスの傭兵で維持されている。

[ ↑ページトップへ ]


ケニアの旅(1)
スイスの旅(4)
スイスの旅(3)
スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network