<IMG SRC="titlebar.gif" BORDER=0>
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜

旅も中盤に入り、メキシコ中心部からユカタン半島へと足を伸ばした。ここにはマヤ遺跡の代表的様式であるパレンケとオルメカ文明の石像で有名なラベンダーの野外博物館、そしてスペイン植民地時代のカンペチェ歴史要塞都市を訪れた。

(3日目)
6時に起床し荷物をまとめてメキシコシティの空港に向かった。空港では約1時間空きがあったので日本出発前に情報を得ていた空港に居住する日本人ホームレスを取材しようと思って探し回ったが、残念ながら見つけることはできなかった。

1時間10分のフライトの後、バスでラベンダーの野外博物館を見学した。この博物館はオルメカ文明の巨大な石頭などが野外に展示されているところである。見学中に野生のアライグマがえさを求めて我々に近づいてきたのには驚いた。また公園の一角に世界でも珍しい黒いジャガーが飼育されていた。

 

この場所からバスで2時間半のかけて今回の旅のメインであるマヤの代表的遺跡のあるパレンケに向かった。

(4日目)
朝7時に起床し世界遺産パレンケ遺跡に向かった。この遺跡はパカル王が統治した7世紀に繁栄した遺跡でマヤ古典期後期を代表するもので800年の間人知れず密林に眠っていたが、18世紀になってスペイン人宣教師によって発見された。深い森の中に美しくそびえる神殿や宮殿跡が素晴らしく目を見張った。特に碑文の神殿はパカル王の遺骸とヒスイ仮面などの装飾品が出てきたことで有名である。このヒスイの仮面はエジプトのツタンカーメンの黄金の仮面と並び奨される素晴らしい仮面である。すでに人類学博物館でお目にかかっている。

 

このパレンケの遺跡のある密林は磁場0地帯と言われこの場所にいるだけで、体から力が抜けてすがすがしい気分にさせてくれる。そのためか各神殿の階段を登ってもそんなには疲れなかった。しかし湿気が多く汗っかきの私は汗びっしょりになった。この遺跡内ではマヤ族の末裔が露店を出しておみやげを売っていた。お土産好きの私はついつい、いろんなものを買ってしまった。ともかく見所の多い遺跡だった。

 

昼食はパヌーチョ、ココナッツの衣のエビフライなどこの地方の料理を堪能した。

次に約370kmの距離をバスで5時間以上かけてカンペチェに向かった。途中驚く出来事があった。夕方、雨が上がり暗闇の中、突如として未知なる物体が出現した。UFOである。バスの中で寝ていたら私の後ろの席の女性が突然「先生、あそこに見えるのはUFOじゃないですか!?」と言い出した。「バカ言ってんじゃないよ」と思ったが見てみるとなんと未知なる物体がジグザグな動きで我々のバスに近づいてきた。(UFOの絵)飛行機や星ではないことは誰が見てもわかる。すると左から突然3基のUFOが連帯をなして現れた。そして私の反対側にいた人が「俺、UFOなるものは信じないがこれだけはっきり目で見ると疑いの余地はない」と大声で叫んだ。聞くところによるとメキシコの遺跡の周辺にはよくUFOが出現するようだ。

そうこうしているうちに世界遺産であるカンペチェ歴史要塞都市に到着した。スペイン軍が征服したときに造られたこの街はそのままの形で残され城門内はコロニアル調の美しい町並みであった。見学の後、この要塞都市に宿泊した。

 

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network