スイス
スイス(2)

スイス連邦(Switzerland)
4.1万平方キロメートル 842万人(2016年時点)
首都 ベルン
言語 ドイツ語、フランス語 等

(第4日目)

 今日は、朝やけを見るためモーニングコールを4時45分に頼んだが、天候がいまいちのため、部屋で時間を過ごしてから7時半に朝食を済ませた。出発まで外から町の写真を撮っていたらなんと川向うに赤く染まった朝焼けのマッターホルンがくっきり見えた。我々が泊まった部屋からも美しいマッターホルンがはっきり見ることができた。
01.jpg
真っ赤な朝焼けの
マッターホルン
02.jpg
先端が焼き付けるような
マッターホルン
03.jpg
雄大なマッターホルン

 8時25分ホテルを出発して登山電車が出発するゴルナーグラート駅(標高3089m)に向かった。
04.jpg
ツェルマットのバーンホフ通り
05.jpg
オレンジ色の登山電車

 9時半発の電車に乗ってゴルナーグラート展望台へ。
 展望台まで4つの駅を通過して5つ目が目的地である。このゴルナーグラート鉄道の切符は黄色い磁気カードで自動改札にタッチするだけで通過できる。
06.jpg
展望台までの案内図
 ゴルナーグラート展望台まで行く予定だったが気象の変化から雪が降り続き一つ手前ローテンボーデン駅(標高2582m)で下車してリッフェルベルクで降ろされた。
 仕方なく1時間半かけてマッターホルンを眺めながら下りのトレッキングを楽しむ予定だったが、それも叶なくなり、この駅で立ち往生した。
07.jpg
電車から見える民家群
08.jpg
リッフェルベルク駅
 約20分位して雪が小降りになり、展望台まで電車が行くということで、慌ててきた電車に飛び乗った。スイスでもお勧めのこの展望台からのマッターホルンをはじめとする4000m級の山々と氷河のダイナミックな絶景をパノラマでみられる。
 あいにく雪が降り続き肝心な景色があまり見えなかったのは残念であった。  でも、ドームや展望内にはホテルやレストラン、お土産屋、数々のアトラクションが見られるので楽しむことができる。
09.jpg
雪降りの中でポーズ
10.jpg
展望台のドーム
11.jpg
アルプスホルンを吹く筆者

 雪が降り続いたので残念ながらハイキングは出来なかったため早めにツェルマットに戻った。私は旅友と昼食をすべく町を散策した。この町で唯一の日本料理『妙高』があったのでメニューを見たらランチが日本円で5000円もしていたのには驚いた。 12.jpg
タラの照り焼きと野菜の定食

 そこでほかのレストランを探して食べようとしたら、値段があまり変わらなかった。スイスはともかく想像していたより物価が高いのにはびっくりさせられる。お土産を買おうとしてちょっと洒落たブティックに入ったら素敵な洋服と小物があったので、3点買ったらそれほどでもないかと清算したら、めちゃくちゃ高く0が一つ違っていた。ああ〜失敗したとため息をついた(大笑い)

 午後、自由時間があったのでツェルマットの町を散策した。
 まず、駅から商店の並ぶ駅前通り、アウトドア系アパレルショップが立ち並ぶ町は、訪れる観光客を和ませてくれる。
 まさに休暇を過ごす場所としても最高である。商店が途切れたあたり、教会の先に木組みの古い建物が幾つも見られた。
13.jpg
にぎわうメイン通り
14.jpg
古い穀物倉庫が並ぶ道
15.jpg
ネズミ返しのある穀物倉庫

 民家の窓際の飾り付け、急斜面下にも幾つもの民家が並び町の建物は統一されており、伝統的な木造の家々がすごく可愛らしくノスタルジックな雰囲気で溢れている。
16.jpg
窓際の飾り付けの集合住宅
17.jpg
店舗付き住宅

 特に、ここには姉妹都市である妙高市の記念碑と京都のツェルマット会との有効記念碑があったのには驚いた。
18.jpg
姉妹都市である妙高市の記念碑
19.jpg
富士山とマッターホルンの友好記念碑

 この町は、ハイカーやトレッキングをする人、ロッククライミングや、MTBなどを楽しむ人でいつも溢れていると地元の人が教えてくれた。町自体はそんなに広くないので時間をかければ回れる。物価が高いことをのぞけば、本当に理想郷のようなリゾート地である。 20.jpg
冷たい水が湧くマーモットの泉
21.jpg
ツェルマットの教会
22.jpg
スイス伝統的儀式
 この日は歩き過ぎたのかホテルに着いたらぐったりした。

[ ↑ページトップへ ]


スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network