このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


チュニジアの旅(4)〜イスラムの古都群を訪ねて〜

チュニジア共和国(Republic of Tunisia)
面積 163,610平方km 人口 1,033万人 宗教 イスラム教スンニ派/キリスト教/ユダヤ教
首都 チュニス 民族 アラブ人 その他 言語 アラビア語 フランス語
外務省HP2010年7月現在基礎データより

(第7日目)  
早朝ホテルを出発して、ヌミディア王侯貴族が住んでいたドゥガ遺跡を訪れた。この遺跡はローマ遺跡の中でも最も大きく山の上の丘の斜面に向かって建てられていたようだ。




キャピトル神殿が遺跡の中心にありジュピター、ユノー、ミネルバの3つの神を祭ったもので、内部の聖室は3つに区切られ、6mのジュピター像があったといわれる。その他マーキュリー神殿、アウグストゥス神殿、アレキサンデル・セベルスの凱旋門、ディオニソスとユリシーズの家、リキニアの浴場、トリフォリウムの家などが残っており、まさに一大遺跡群である。
遺跡の見学中、旅の疲れか誤って石を跨ぐときに滑り強く臀部をうった。そこがまさにこの時代の集団トイレの真ん中であったのには驚いた。



グランドモスクはアブラブ朝時代、アブル・アバス帝によって建立され、隣のリバトと共に港や兵器庫を守る要塞として使われた。その為メディナの端に造られて、リバトの塔から祈りの呼び掛けであるアザーンを市民にながしていた。ここはまさにモスクというより要塞や城壁という雰囲気である。リバト(塔)の上からは港やスースの街が一望でき圧巻であった。
次にモスクに隣接するメディナを散策した。

午後より今回の旅の最もメインであるカルタゴ遺跡を見学した。カルタゴは海上貿易や農業の中心として栄華かを極めたところであったが、ローマとの3回の戦に破れ一時は徹底的に破壊された。現在あるカルタゴ遺跡はローマ帝国の植民地時代に建てられたものである。アントニヌスの共同浴場、ローマ人の住居などがあり、まさに古代都市思わせる大規模な遺跡である。



その他カルタゴにはキリスト教徒の処刑も行われたとされる円形闘技場やローマ劇場などがある。この地は現在高級住宅街として知られている。それとこのカルタゴ遺跡の真横に今回のジャスミン革命の首謀者であるベン・アリ元大統領の官邸がでんと構えていたのが印象深かった。ただし写真撮影は禁止されていた。遺跡見学の後、カルタゴ博物館を訪れた。しかし現在大修復中であった為、入場料取らなかった。主にローマのモザイクや神々の像、ポエニ時代の地中海交易品、墓の埋葬品などが展示されていた。特にモザイクの数は多く、大きなモザイク像には圧倒され当時の栄光が偲ばれた。


帰途古代カルタゴの港とビュルサの丘を見学して中心街へ戻った。この夜は首相官邸の中にあるレストランでチュニジア風サラダの盛り合わせと、鶏のクスクス料理を生演奏の民族音楽を聴きながら堪能した。

(第8、9日目)  
この日は朝ゆっくり起床し、最後の見学地メディナを散策した。官庁街から首相官邸横を抜けて、トルコスタイルのシディ・ユセフ・モスクの外観を見ながら進んでいくと、細い路地にあるメディナに出る。さらに軒を並べる店を覗きながら進むと、バブ・ブハル(フランス門)に出た。この門から真直ぐ延びるメインストリート、ジャマー・エズ・ジトゥナ通りはまるでフランスのシャンゼリゼ通りを思わせる。楽しい思い出を胸にカルタゴ国際空港へ向かった。パリ経由で帰国の途に就いた。



今回のチュニジアの旅では世界遺産8ヶ所あるうちイシュケウル国立公園(自然遺産)を除いて7件の文化遺産を訪れたことになる。これはまさにフェニキアの入植から今日までローマ、ビザンチェン、イスラム、オスマンと近代における壮大な歴史絵巻が繰り広げられてきたチュニジアの歴史を振り返る旅でもあった。



しかし今回の旅行きは別な意味で貴重な経験をした思いがする。特に帰国してから1週間後に暴動が起き、10日後に大統領逃亡し、それがきっかけとなりイスラム圏全域に歴史を動かす革命に繋がるとは誰が知りえただろうか。1日も早く平和で、楽しいアラブの国になって欲しいと願っている。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network