ニュージーランド
ニュージーランド(3)

ニュージーランド(New Zealand)
27.534万平方キロメートル 476万人(2017年3月統計局)
首都 ウェリントン
言語 英語,マオリ語,手話

ニュージーランドの旅(4)
マリオ文化と神秘的光の洞窟

(第6日目)の続き

 テ・プイアにあるマオリ文化の伝承を目的にファカレワイワ地熱地帯に創設された文化センターでは、マオリ族と間欠泉及びアグロドームでの牧場シープショーが見学できるとあって多くの観光客が訪れる。
01.jpg
テ・プイアのゲート
02.jpg
マオリ族のメニュメント

 先ず、2つある間欠泉の一つ『ポフツ間欠泉』を観た。
 ロトルアの間欠泉といえば、この「ポフツ間欠泉」のことを指す。
03.jpg
吹き上がる間歇泉
04.jpg
ポフツ間歇泉をバックに

 一日に約20回吹き出し、平均20〜25mの高さまで上がるといわれている。一度に噴き出す湯量が世界一を誇る間欠泉である。
 我々は、躍動的な地熱活動の様子を間近で見て、大地のエネルギーを実感した思いである。
05.jpg
30mも熱湯を吹き上げるポフツ・ガイザー

 間欠泉見学の後、絶滅危惧種の国鳥がいるキウィハウスに立ち寄った。
 我々は、丸い体型と長い嘴が特徴的で、地面をヒョコヒョコと歩く姿がとても愛らしい鳥を見ようと中に入ったが、小屋の中は真っ暗で中々見づらかった。オスとメスとのキウィが1羽ずつ、計2羽飼育されていた。キウィは夜行性の為、国内では中々遭遇しないようだ。うまく写真に収めようと試みたが、私語厳禁の静かな環境で飼育されているキウィの姿を撮ることができなかった。仕方なくキウィハウスの入り口にあるはく製のキウィを写真に収めた。
06.jpg
キウィハウス
07.jpg
キウィのはく製

 次に、アオテアロアの先住民が伝承するマオリ文化を訪ねた。
 集会所マラエで行われている伝統音楽&ショーを見るため村の中心ある集会所マラエに行ってみた。
08.jpg
マオリ村入口のゲート前にて
09.jpg
マラエ集会所

 我々観光客が揃ったら集会所前庭で先ず歓迎の儀式(ウェロ)を見せてくれ、その後、集会所内で行われるショーを見た。
10.jpg
儀式の進行役
11.jpg
儀式を行うマオリ族

 先住民族であるマオリの文化に触れられるショーが披露され、勝利を祈願するためのハカという踊りは相手を威嚇する姿なのでとても迫力があった。ニュージーランド独特の文化を一番身近に感じられた思いがした。
12.jpg
マラエで繰り広げられるショー
13.jpg
昔のマオリ族

 ショーの中には、観客も一緒に体験できるところが数多くあり、女性は優しく響く歌声を出してみたり、ポイダンス体験をしたり、男性はハカを一緒に踊れる。ハカといえば、ニュージーランドのラグビーチーム「オールブラックス」が国際試合の前に披露する迫力のあるパフォ―マンスで日本でも人気がある。特に歌がいい『頑張って 頑張って!!』と日本語のように聞こえるのが不思議である。
 マリオ文化を訪ねたことで二ュ―ジランドに来たなぁ〜と思わせるものがあった。
14.jpg
観客と一緒に踊るハカ
15.jpg
マラエの彫刻を横に

 ロトルア観光の最後に、1890年代に築かれた美しい庭園ガバメント・ガーデンに行った。
 ここの見どころは、敷地内にあるロトルアの歴史や自然を展示するロトルア博物館。エリザベス女王時代のチューダー建築様式を取り入れた建物が目を引く、この博物館は、もともと1908年に政府によって造られた温泉保養施設だった。
 ガーデン内には、アールデコ様式の温泉施設「ブルー・バス」もあり、現在も温水プールとして利用されていた。
16.jpg
ロトルア博物館
17.jpg
ロトルア博物館をバックに
18.jpg
アールデコ様式の温泉施設
 このガーデンは、見事な花壇やバラ園がすばらしかった。我々のホテルがこのガバメント・ガーデンに隣接して立っていたので、夕食前に温泉でも入ろうと思ったが、残念ながら時間の調整が出来ず断念した。
 夕食は、赤ワインと一緒にラム・シャンク赤ワイン煮込みをいただいた。

(第7日目)

 いよいよ旅の終わりに近づいてきた。朝6時30分に起床して朝食後、9時ホテルを出発してロトルアの中心部から10分ほどの場所にあるアグロドームに行った。
 アグロドームは、総敷地面積350エーカーというニュージーランド国内最大級の観光牧場だ。メインアクティビティでは19種類の羊が登場し、毛刈りの様子や牧羊犬のパフォーマンスを見せてくれる。
19.jpg
アグロドームの標識
20.jpg
羊の王様メリノ
21.jpg
羊の毛刈り
 驚いたのは、特徴のある19種類の羊たちが世界中から集められ、ファームショーを見せてくれたことである。
 それと訓練された牧羊犬が羊たちを操る芸の賢さに感心させられた。因みに我々が美味しいと思って食べる羊肉は生後1年未満の羊だ!
 この牧場で珍しい羊のぬいぐるみをいくつか買った。
22.jpg
世界中の羊のショー
23.jpg
可愛い子羊

 次にワイトモ鍾乳洞を見学した。
 鍾乳洞はツチボタルを観察できる世界的にも珍しいスポットでジブリ映画「天空の城ラピュタ」のワンシーンにも登場している。美しい鍾乳洞を眺めながら洞窟内を進み、途中からボートに乗ってツチボタルの見学へ。天井一面に星のように青白くミステリアスなツチボタルは実に幻想的な光を放っていた。洞窟内の撮影は禁止されていたが、こっそりワンショト撮らせてもらった。
24.jpg
鍾乳洞出口
25.jpg
天井一面のツチボタル
26.jpg
幻想的な光を放すツチボタル

 昼食は、BBGランチであったが、私は、ムラサキガイとサラダをいただいた。食事後、約3時間かけて最後の訪問地オークランドに向かった。

 オークランドは、ニュージーランドの大都市で人口約142万人が暮らしており、1841年から1895年までは首都だった。
27.jpg
オークランドのスカイタワー
28.jpg
洒落た波止場の風景

 私のオークランドのイメージは都会でありながら緑豊かで美しいビーチに恵まれた景観は素晴らしいところだ。
 今回はオークランドではゆっくり時間が取れずオーケー・ギフト・ショップでマヌカハニーを買うのが精一杯であった。機会があれば是非又このオークランドを訪れたいと思っている。
29.jpg
波止場を歩く観光客

[ ↑ページトップへ ]


ニュージーランドの旅(4)
ニュージーランドの旅(3)
ニュージーランドの旅(2)
ニュージーランドの旅(1)
カリブ海の島と船の旅(2)
カリブ海の島と船の旅(1)
ケニアの旅(3)
ケニアの旅(2)
ケニアの旅(1)
スイスの旅(4)
スイスの旅(3)
スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network