スイス
ケニア(1)

ケニア共和国(Republic of Kenya)
58.3万平方キロメートル 4,725万人(2016年時点)
首都 ナイロビ
言語 スワヒリ語、英語 等

ケニアの旅(1)
大自然に生きる動物たち

 以前よりケニアに行きたいと思い2度挑戦したが、中々スケジュールが旅行日程と会わなくて今回が3回目のトライで実現した。2013年9月にナイロビ最大のショッピングセンターをテロ集団が襲い、ケニアの大統領の甥を含む数百人を人質にした。犯人たちは非イスラム教徒を次々に殺害した。死傷者が69名という大惨事になったこの事件は、我々の記憶に新しい。そのためしばらく一般人の渡航は許されなかった。何年かぶりの旅行再開であったため。首都ナイロビ市内には入れずバイパスを抜けて目的地に向かった。ケニア旅行といえばほとんど動物を見るためのサファリ体験である。 01.jpg
マサイ族

 今回幸いなことにビッグファイブ(ライオン、ヒョウ、バッファロー、サイ、象)をこの目で見られ感動した。飛行時間や移動での時間が旅行日程の半分を占め、4日間だけ動物と接することができた。その体験ツアーを皆さんに報告したい。
02.jpg
ライオン
03.jpg
ヒョウ
04.jpg
バッファロー
05.jpg
サイ
06.jpg

(第1日目)

 成田22時発エミレーツ航空で経由地であるドバイに向かった。 07.jpg
エミレーツ航空

(第2日目)

 ドバイ国際空港に朝5時頃到着し、次のフライトまで5時間近くあるのでラウンジで休憩をとった。10時30分719便でドバイ空港を発って約5時間のフライトでケニア・ジョモケニヤッタ国際空港(ナイロビ)に到着した。小さい空港の為入国手続きになんと1時以上を要した。スーツケースをピックアップしてから迎えのランドクルーザー(4WD)に乗り込み最初の目的地ナクル地区に向かった。 08.jpg
トヨタのランドクルーザー

 約3時間の道のりであったが、何しろ道路が悪く殆どでこぼこ道でゆっくり寝ることもできなかった。ナクルのホテルに到着するころは、日が暮れすっかり夜になっていた。約1日かけてきたせいか到着した時はぐったりしてしまった。明日からの動物サファリのため食事後、深い睡眠に入った。


(第3日目)

 朝5時に起床して朝食後、6時にホテルを出発してナクル湖国立公園に向かった。
 1時間くらいかけてナクル湖のゲートに到着し、ガイド兼運転手さんが入場の手続きをしている時にしばし周りの風景を撮っていたら、マントヒヒが何頭か見えた。
09.jpg
ナクル湖国立公園ゲート
10.jpg
バブーン

 さあ〜これからサファリドライブだ。最初に、見たのがバブーン(マントヒヒに似た動物)の群である。さらに進むとナクル湖に出た。この湖はグレート・リフト・バレー(大地溝帯)内に7つある湖のうちのひとつで、アルカリ性の湖に発生する藻を求めて、フラミンゴの大群が飛来することで有名である。しかし、ナクル湖面が上昇し過ぎて、最近は残念ながら数が減ってきてあまり見られなくなってきたと現地ガイドさんが説明してくれた。確かに我々が行ったときは一羽もいなかった。ところが、なんと動物を見ながら湖畔を走っていたらフラミンゴの大群が見えてきた。フラミンゴが一直線に飛ぶ姿を見るのは初めてだけに感動しながらシャッターを押し続けた。
11.jpg
フラミンゴの大群
12.jpg
餌を食べるフラミンゴ
13.jpg
フラミンゴ飛行隊

 次に、バッファローやシマウマの群れに出くわした。
14.jpg
バッファローの群れ
15.jpg
草を食べるシマウマ

 さらにビッグ5の一つ白サイが親子でいたのにはびっくりである。
 凄い!想像していたより大きい。このナクル地区は、ウガンダコープ、セグロジャッカル、サバンナモンキー、カンムリヅル、イボイノシシなどあらゆる動物に遭遇する。
16.jpg
仲睦ましいサイの親子
17.jpg
可愛いウガンダコープ
18.jpg
馬のようなイボイノシシ
19.jpg
草原の動物たち

 昼食後、1時間30分かけて次の訪問地ナイバシャ湖へ。
 ここではボート・サファリを楽しんだ。名前のナイバシャは地元のマサイ族の言葉で「荒い水」を意味するようだ。ナイバシャ湖だけは淡水の湖のせいか、非常に多くの水鳥が集まり、水鳥の宝庫として知られていて、コウノトリをはじめ、エジプトガン・ペリカン・カワセミ・鵜等の東アフリカを代表する水鳥を含む約325種類の野鳥がいるといわれている。 20.jpg
ナイバシャ湖の鵜
21.jpg
悠々と泳ぐペリカン
22.jpg
木にとまるイーグル
23.jpg
アカシヤの木にとまるコウノトリの群れ

 その他の哺乳類も湖近辺に生息し、カバも沢山いたが、湖に浸かっているのでまるで岩のようにしか見えない。
 湖畔には、ペリカン、ガゼル、ウォーターバック、白黒コロブス、コニベシペリカンなどの動物が見ることができた。水辺の動物もいいが、やはり草原にいる野生の動物がいいですねぇ〜
24.jpg
岩のようなカバの群れ
25.jpg
ガゼル
26.jpg
ナイバシャ湖をバックに
 ナイバシャ湖のサファリを終えてガタガタした道路をなんと5時間かけてマサイマラへ向かった。

[ ↑ページトップへ ]


ケニアの旅(3)
ケニアの旅(2)
ケニアの旅(1)
スイスの旅(4)
スイスの旅(3)
スイスの旅(2)
スイスの旅(1)
フィンランドの旅(3)
フィンランドの旅(2)
フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network