このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜

キューバ共和国(Republic of Cuba)
面積 110,922平方km 人口 1,124万人 首都 ハバナ 言語 スペイン語
民族 ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%
外務省HP2012年6月現在基礎データより

(第6日目)  
6時半に起床し、朝食後ホテルを出発して、次の訪問地シエンフエゴスへ約1時間半かけて行った。ここは大きな湾に面して広がる人口15万人の砂糖をはじめ、コーヒーやタバコ貿易の拠点として、1819年フランス人の移民によって造られた都市だ。キューバで一番きれいな町として知られ、2005年にはユネスコの世界遺産に登録された。
キューバの他の町と全く違う雰囲気を漂わせ、都市的歴史地域はまるでフランスの町にいるようである。この町はホセ・マルティ広場を中心に通りが広がり、特にコロニアルな建物が多く並んでいる。
海岸沿いのプラド通りを南に行くと、ゴルダ岬に宮殿がある。ここは「天上の楽園」と呼ばれ、ムーア様式を基本にネオゴシック様式を取り入れた瀟洒な建物は一見の価値がある。色々な要素を取れいれて造られたシエンフエゴスは見る人の気持ちをウキウキさせてくれる。時間が許されればゆっくりショッピングを楽しみたい心境にさせられる町である。また、キューバの国民的英雄で歌手のベニー・モレ(Benny More)の生まれ故郷として知られている場所でもある。
お昼は海岸沿いにある「クラブ・シエンフエゴス」でキューバ風の料理を楽しんだ。少し休憩した後、ハバナに戻った。

ハバナに戻って最初に、プンタ要塞を訪れた。この要塞はハバナ港と運河を守るために建設されたもので、今回の旅の砲台があちこちにあった。後に違う高さから敵を挟み撃つために今回の旅の初日に行った対岸のモロ要塞(キューバの旅(1)を参照)が造られ、敵の侵入を防いだといわれている。

次に、革命博物館に行ってみた。残念ながら入館時間は終了していたので博物館の周囲に展示されている戦車、戦闘機、それに有名な「グランマ号」を見学した。
ガラス張りの建物には思ったより小さいグランマ号があった。この小さなボートに80人乗せてメキシコからキューバへ上陸したというから驚きだ。その右側にはソ連製ミサイルとそれに撃ち落とされたアメリカの偵察機U2のエンジンの残骸が展示されていた。身を乗り出してカメラに収めようとするが、警護が厳しく直ぐに注意されるので、なかなか思った写真が撮れなかった。
最後にもう一度、革命広場を見たくて行ってみた。キューバ革命の象徴ともいえる広場で、その中でもチェ・ゲバラの肖像と革命に重要な役割を果たしたカミーロ・シエンフエゴスの肖像を頭に焼き付けて広場を後にした。


一度、ホテルに戻り、ゆっくりしてから午後11時発の飛行機でハバナ・ホセマルティ国際空港を離れた。

≪革命の国キューバを旅して≫

6年前より一度キューバを訪れてみたいと思っていた。それが今回実現したことに感謝である。
大国資本や金融工学などに頼らず、有機農業や医療そして教育といった、生きていく上で必要なものだけを大切にし、皆助け合って生きている。2日働いたら2日休む。余計な努力はしない、時間内しか働かない、それがこの国の生き方である。そういうところが、資本主義と違うところである。
私の見るところ政治は社会主義、経済は市場経済(自由経済)という名の資本主義化しているように思われる。国が土地を貸し、そこで収穫したものを売り、40%を税金として納め、残りが自分のものになる。この国は代々土地を所有していたものは、国に届け出をすれば、その土地代を支払てくれる。そのため生活は裕福である。その他、国が一人当たり一ヶ月500ペソの支給と配給品があるようだ。もし大学を出て資格を持てば、働くことができ副収入として入ってくる。それと貨幣は現地人と観光客に違いがある。現地人は人民ペソで観光客の使うクック(変換ペソ)との差は24分の1という差が出てくる。現地人は人民もクックも両方が使えるという。
失業率は1.8%であるが、そのほとんどが女性で働きたくない人たちという。この国は医療も教育もそして農業においても国が面倒をみるのでお金がかからない。よって最低限の生活費があれば成り立つ。贅沢さえしなければ苦しくてもやっていけると現地の人が話してくれた。
ともかく国営の配給所には商品が並んでいない。ハバナのホテルの前にあったコンビニとマーケットに買い物に行ったが、商品が少ないせいもあり、あまり買う物がなかった。
国民の生活は決して楽ではないようだ。国民は配給所で8割以上の商品を求めて、残りは高い一般の商店で買うようである。
訪れる前のキューバは、北朝鮮のような社会主義国に近いのではないかと思いつつ入国したが、現実は違っていた。私が当初想像していた以上に素晴らしい国であった。あまり暗さがないのには驚かされた。ただ、一つ不思議に思ったのは、革命の英雄であるフィデル・カストロの巨大な銅像も看板も施設もないことだ。何故これだけの人物なのに、偶像化しないのかと思い、ガイドさんに聞いてみた。すると「カストロが偉大なのは誰でも知っている。北朝鮮の金日成ように偶像化すれば国民の反発を食らうため、再度革命を起こしかねない。いつも国民と一緒にいることを強調すれば、国がスムーズに統治できる。そのため、bQのチェ・ゲバラを称えれば、カストロはいつも彼の上にいることをキューバ国民が理解出来るし、いつまでも戦争のない国としてやっていける」と私に答えてくれた。
われわれは、実際に訪れ自分たちの目で見聞し、その国の実情を知らなければ真実を見失う、大国から流れてくる情報だけで判断することは誤解を招くおそれがある。その意味でもとてもに勉強になった思いがする。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network