スコットランド
スコットランド(5)

スコットランド(Scotland)
7.9万平方キロメートル 525.4万人(2012年)
首都 エジンバラ
言語 英語、スコットランド・ゲール語 等

(第6日目)続き

 今回の旅のメーンである「ザ・ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」を観に行った。

 このイベントはスコットランドの国民的行事で1950年から65年もの間休演することなく毎年開催されている。開催のきっかけは、戦後の復興期「国民を活気づけ、楽しませてくれないか」という軍への依頼がきっかけとなり、スコットランドの連隊ひとつ、英国の連隊ふたつが参加した公演から始まった。
01.jpg
ミリタリー・タトゥーの看板

 それ以来今日まで天候にかかわらず続けられている。市民のイベントだったものが、徐々に世界中からこの祭典見たさに観光客が集まるようになり、公演参加も40か国に達している。チャリティーの目的をも持つこの祭典は、これまでに5億ポンド(約760億円)を軍と民間団体に寄付していているとパンフレットに書いてあった。
03.jpg
開会式の儀式
03.jpg
他国からの参加

 毎年20万人以上の観光客が世界各国から集まるほどの人気イベントで、エディンバラ城のエスプラナード広場をスコットランド伝統のキルトを着た軍楽隊と兵士がパレードするイベントで、バグパイプの音色とともに整然と行進する。他国の軍楽隊も参加し、ダンス、光と音楽の壮大な演出に驚かされる。
04.jpg
他国の軍楽隊の行進
05.jpg
ダンスのパフォーマンス

 聞くところによると、このミリタリー・タトゥーのチケットは入手が困難らしく、1年前から予約するというからびっくりである。毎年8月上旬〜下旬の夜間に開催される。
 旅行社では、ホテルや航空券の予約より、先にミリタリー・タトゥーのチケットを取れといわれるくらい難しいらしい。
 余談ではあるが、最初は「タトゥー」というからてっきり「刺青(tattoo)」か何かのイベントと思ったが、本当は、軍隊の「帰営ラッパ(tattoo)」のことらしい。予備知識をなくて来たことを恥じた。
06.jpg
ミリタリー・タトゥーが開催されるスタジアム
07.jpg
帰営ラッパを中心の軍楽隊

 さて本題に戻るが、我々が会場に入ったときは、向い側のスタンドは、空きが多かったが、開演になると十分の余地がないくらい満席になった、やはり皆さんがいうように、この国の大イベントだなぁ〜と思った。

 スコットランドの鼓笛隊のみならず、国際的に名高い鼓笛隊が結集して織りなす音楽や一糸乱れぬピタリと合った動きには我々は大感動した。
08.jpg
空席が目立つスタンド

09.jpg
夜空を彩る行進
10.jpg
花火も上げられ会場

 ただこのショーを見に来る人たちでスタジアム周辺道路は人と人で身動きができずホテルに着くのがかなり遅くなった。翌日は、朝4時15分モーニングコールで、出発は5時15分であった。
11.jpg
長蛇の列をなす入場者

(第7・8日目)

 帰国は、入国と違いエジンバラ空港からヒースロー空港経由で羽田に帰った。

 今回のスコットランド研修旅行は、想像していたより収穫があったように思う。今回は旅友2人と参加したので極端に忘れっぽい私にとって頼もしい限りであった。感謝している。
12.jpg
旅友ツーショット
13.jpg
いつもの旅友と談笑

 研修旅行で感じたことは、イングランドの欧州連合(EU)離脱決定を受け、再び反イングランドに根ざしたスコットランド独立運動に繋がることは容易に想像できる。それを証明するように、スコットランド自治政府のスタージョン首相が、スコットランド住民の多数がEU残留を支持したことを受け、イギリスからの独立に関する新たな住民投票実施に向けた準備を開始すると述べている。スコットランドの未来は、今後どの道を選ぶのか注目される。

[ ↑ページトップへ ]


フィンランドの旅(1)
スコットランドの旅(5)
スコットランドの旅(4)
スコットランドの旅(3)
スコットランドの旅(2)
スコットランドの旅(1)
中米・ベリーズの旅(2)
中米・ベリーズの旅(1)
南フランスの旅(4)
南フランスの旅(3)
南フランスの旅(2)
南フランスの旅(1)
ネパールの旅(1)
ミャンマーの旅(3)
ミャンマーの旅(2)
ミャンマーの旅(1)
ブルガリアとルーマニアの旅(3)
ブルガリアとルーマニアの旅(2)
ブルガリアとルーマニアの旅(1)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(3)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(2)
アラブ首長国連邦とマルタ共和国の旅(1)
キューバの旅(3) 〜キューバのフランスの町〜
キューバの旅(2) 〜社会主義国の発端になった都市サンティアゴ・デ・クーパ〜
キューバの旅(1) 〜革命の歴史が漂う首都ハバナ〜
韓国の旅(3)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(2)〜世界遺産を訪ねて〜
韓国の旅(1)〜世界遺産を訪ねて〜
イスラエルの旅(5)〜「白い街」テルアビブ〜
イスラエルの旅(4)〜歴史と宗教が絡み合う民族の地〜
イスラエルの旅(3)〜3大宗教が集まる聖地エルサレム〜
イスラエルの旅(2)〜死海と沙漠の造形〜
イスラエルの旅(1)〜色んな民族が暮らす北部の都市〜
スロベニア・クロアチアの旅(3)〜アドリア海に浮かぶオレンジ色の真珠〜
スロベニア・クロアチアの旅(2)〜陽のあたるアルプスと紺碧のアドリア海〜
スロベニア・クロアチアの旅(1)〜自然の美しさを味わえるスロべニア〜
台湾の旅(3)〜歴史を乗り越えて目覚ましい経済発展〜
台湾の旅(2)〜世界四大博物館と昔の風情が漂う九フン〜
台湾の旅(1)〜歴史があって歴史がない国〜
チュニジアの旅(4)〜栄華を極めたローマ帝国の遺跡〜
チュニジアの旅(3)〜イスラムの古都群を訪ねて〜
チュニジアの旅(2)〜山岳オアシスとローマ時代の円形闘技場〜
チュニジアの旅(1)〜北アフリカのアラブの国〜
ポーランド・ドイツの旅(5)〜 東西ドイツ再統一後のベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(4)〜 激動の時代から最先端都市に進化するベルリン〜
ポーランド・ドイツの旅(3)〜人間の本質を知る負の遺産と百塔の塔ドレスレン〜
ポーランド・ドイツの旅(2)〜歴史的街並みを残す古都〜
ポーランド・ドイツの旅(1)〜異民族の侵攻を受け続けた国〜
タイの旅(3)〜タイのリゾート地バタヤ〜
タイの旅(2)〜悲劇の舞台となった鉄橋の町〜
タイの旅(1)〜「微笑みの国」を訪れて〜
東南アジアの旅(4)〜北タイ文化の中心地〜
東南アジアの旅(3)〜古き良き伝統が息づく国〜
東南アジアの旅(2)〜ビルマの面影を残す聖地〜
東南アジアの旅(1)〜静かなる仏教の国ミャンマー〜
バルト3国の旅(3)〜中世の生きた博物館タリン〜
バルト3国の旅(2)〜バルト三国最古で最大の町リガ〜
バルト3国の旅(1)〜中世の面影を残す文化と芸術の国々〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(2)〜少数民族の文化に接して〜
中国四大観光地の一つ桂林の旅(1)〜山水画の世界を堪能〜
メキシコの旅(4)〜ふたつのマヤ文明が交わる聖地〜
メキシコの旅(3)〜マヤ古典期に栄えた遺跡群を訪ねて〜
メキシコの旅(2)〜熱帯雨林に眠る古代マヤ遺跡〜
メキシコの旅(1)〜長い歴史の面影が色濃く残るメキシコ〜
2008年ギリシャ紀行(3)〜医学の父ヒポクラテス生誕の島〜
2008年ギリシャ紀行(2)〜神話と遺跡に彩られた大地〜
2008年ギリシャ紀行(1)〜東地中海に存在する古代文明の国を訪れて〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(2)〜昔の面影を残す水郷の町蘇州〜
中国の新旧を知る上海と蘇州の旅(1)〜めまぐるしく移り変わる中国最大商業都市上海〜
トルコの旅(3)〜数千年の歴史が2万の遺跡と共存する永遠の都〜
トルコの旅(2)〜アナトリア文明と自然と人間がおりなす異形のパノラマ〜
トルコの旅(1)〜数千年の文明を育んだ東西文明の十字路〜
ロシアの旅(3)〜ロシア帝国の遺産・文化を伝える聖ペトロの町〜
ロシアの旅(2)〜古きよきモスクワの歴史にふれて〜
ロシアの旅(1)〜ロシアの政治・宗教・文化の中心クレムリン〜
中国の旅(2)〜西安の歴史の奥深さにふれる〜
中国の旅(1)〜2000年の歴史に彩られた悠久の古都〜
インドの旅(3)〜砂漠の国への誘い〜
インドの旅(2)〜富と権力が造った夢の都を訪ねて〜
インドの旅(1)〜神々と信仰・喧噪と貧困の国〜
南アフリカの旅(2)〜大自然と近代都市が交在する国〜
南アフリカの旅(1)〜自然と人類が創り上げた宝庫の旅〜
イタリアの旅(2) 〜世界遺産が存在する南イタリア〜
イタリアの旅(1) 〜サンタ・ルチアとワンダーランドの国〜
ギリシャの旅 〜歴史の壮大さを感じる国〜
ペルーの旅 〜空中都市と地上絵の国〜


Copyright(C) Natural Medicine Network